おしるこのブログ

ブログの説明をするにはこの余白は狭すぎる

素数大富豪札幌杯、ライト級に思うこと

久しぶりのブログ更新でございます。おしるこです。

私事ではございますが、来たる2/29に素数大富豪の大会である札幌杯ライト級に出場させていただきます。

素数大富豪大会 札幌杯 告知 - 素数交響曲第2番

もりしーさん主催の札幌で初めての開催となる素数大富豪の大会です。

 

私が出場するライト級ですが従来の素数大富豪と多少ルールが異なったものとなっており、特に気になるものとしては

(D2) 偶数カードの削減:(無差別級)なし (ライト級)1枚ずつ削減

(D3) 場に出すカードの枚数制限:(無差別級)制限なし (ライト級)6枚

の2つがあります。

 

偶数カードの削減の方ですが、例えば22229などの素数がジョーカー抜きでは出せなくなるので、この大会のためだけの素数を覚える必要がありますね。

 

そしてもう一つ、場に出る数の制限ですがこれのせいで一発で上がるのが不可能になっていますね。合成数出しを除けば、ですが。

合成数出しがマストになるのかな、と思ったのですが2を使わない合成数出しがかなり厳しいと思います。

偶数を多く使わない合成数出しを覚える必要があるのではないでしょうか。

 

例えば3×5×31=465なんてのは偶数二枚で行ける一発上がりのパターンですね。

ん?3×5×31=465…?

3,5,31,465……

f:id:micomi0465:20200104141005p:image

あっ!

f:id:micomi0465:20200104141147j:image

465=3×5×31だ!!!

おわり