おしるこのブログ

ブログの説明をするにはこの余白は狭すぎる

ハズキルーペのCMってすごい(4/23)

ハズキルーペのCM、凄くないですか?

だってハズキルーペの情報なんてCMから入ってくるのがほぼ100%じゃないですか。日常生活でハズキルーペの話なんてする人普通います?僕の周りにはいません。

それなのに、日本人の多くがハズキルーペと聞けばすぐに"大きく見える拡大鏡"、"壊れにくい"、"さすが日本のテクノロジーだぜ!"という連想ができる。これだけの情報があればハズキルーペが普通のメガネとどう違うのか、簡単に説明できますよね。

これのどこが凄いかというと、『CMから入ってくる情報オンリーで、他の商品と知名度や性能を差別化できる』ところが凄いんです。

具体的な例を出すと、『日産のセレナが他の車と比べてどう違うのか?』という問いに貴方は答えられますか?ということです。

日産のセレナのCMなんてかなりの数を見たはずなのにどんな車だったか全然わからない。大多数の人がこのような状態に陥ると思います。

これは別に日産のセンスがクソだと言いたいのではなく、現行のCMの多くが、記憶の残りやすさと放送回数に比例しないという事を言いたいのです。

ハズキルーペのCMの凄いところはまだあって、CMの展開を気づいたら全て覚えているというところが凄いんです。

渡辺謙が世の中の文字が小さいと叫ぶ→ハズキルーペをめちゃくちゃ褒める→菊川怜ハズキルーペの上に座ってキャッ、と言う→ハズキルーペの詳しい情報が文字で流れてくる→ハズキルーペ、大好き!

覚えてる方が多いのではないでしょうか?

とにかくハズキルーペのCMは濃いんですよ。濃い。

改めてめちゃくちゃ凄くないですか?その上、小泉孝太郎さんのCMまで濃い。シンプルな濃さで言えばもしかしたらこちらの方が上かもしれません。

だってクラブ(キャバクラと言えばいいのでしょうか?)の従業員が一斉にキャッキャ言いながらハズキルーペを尻で踏みつけていくんですよ?ハズキルーペを知らない人からしたらヤバめのカルト宗教の集団としか思えない、簡単に言えば狂気の沙汰です。

そんな狂気の沙汰を我々は受け入れてしまっているんです。これも思えば、渡辺謙バージョンのCMで『ハズキルーペを尻で踏みつける行為』に対するハードルが下がってしまったからなのでしょう。これがハズキルーペの戦略だとしたら?ただただ震え上がるばかりです。ヤバイですね☆

結論、ハズキルーペのCMはすごいです。

【ハズキルーペ 公式CM】舞台リハーサル 編 - YouTube

そんなハズキルーペのCMも新バージョンが最近出たので、ぜひ見てやってください。