おしるこのブログ

ブログの説明をするにはこの余白は狭すぎる

素数大富豪に参加しました。

素数大富豪とは?

 

素数大富豪とは、素数をテーマにしたトランプゲームです。

詳しいルール説明は考案者のせきゅーんさんがまとめていますのでそちらを見ていただければ幸いです。

 

素数大富豪まとめ - INTEGERS

 

こちらのリンクから行くことができます。

まぁこれでルール説明を投げっぱなしにしたまま次の項へ進んでもいいのですが、それだとあまりにもあんまりなので簡単なルール説明を少々。

 

簡単に言うと数を並べて素数を作ります。

例えば3と7が手札にあれば37で2枚出しが可能ですね。

別に何枚を出すかは最初に出す人の自由なので気にする必要はあまりありません。

そして、次の人は前の人と同じ枚数でそれより大きい素数を出す必要があります。

この場合、桁数まで同じである必要はありません。

37に対して10と1を持っているなら101と2枚出しをすることが可能です。

 

ね、簡単でしょう?

余談ですが、1213は2枚出しの場合の最大素数です。

 

では間違えて素数では無い数、つまり合成数を出したら?

自分が出したカードを手札に戻し、出した枚数と同じ枚数だけカードを山札から引きましょう。

 

ん?山札?

 

普通の大富豪に

山札なんてないじゃん!

 

素数大富豪って名前なのに山札があるって…。

そう、このゲーム実は大富豪とは結構名ばかりなのです。

その辺りの説明とかぶっちゃけもうめんどくさいので、貼り付けておいたリンクから確かめると良いと思います。

 

それじゃあ実際にやってみよう!

 

f:id:micomi0465:20180311194257j:image

こちらに参加させていただきました!

311も2018311もどっちも素数、すごい!

 

というわけで、午後から参加しました。

人数が多くなったので3人グループと4人グループに分かれてプレイしました(その後さらに来たので最終的には4人グループが二つ)

 

f:id:micomi0465:20180311194751j:image

こちらが今回出した結構自慢の素数、1213213です。

f:id:micomi0465:20180311195049j:image

ほら!素数

大きい素数を出せた時の快感はもうやばいです(語彙力)

いやもうほんと楽しいので是非やってみてください!

楽しいよ!

すごい!